信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS ダウンライトの修理

<<   作成日時 : 2010/09/06 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我家のキッチンにアイランド(独立したキッチンカウンター)があります。その真上に照明のためのダウンライトが取り付けられています。天井に埋め込まれた形の電球の照明です。
ところが、このダウンライトが設置して1年くらいしてから、傾いて外れ落ちそうになってきました。それで、ケースのふちを両面テープで止めたりしてみたのですが、しばらくするとテープがはがれてまた落ちそうになります。
それで、きょう本格的に直そうと思って、別のところについている同じ形のダウンライトを取り外してみました。
天井板にどうやって固定しているのか知るためです。
画像


2階の天井裏に入って、汗をかきながら、取り付けてある別のダウンライトを取り外してみました。
画像


電球がついているところです。
画像


電球を取り外したところです。
画像


そして、中央についている止めねじを外して、反射笠と枠を外すと、天井板に固定している2つのストッパーが見えます。問題のキッチンのダウンライトを、このように分解してみたら、驚いたのはストッパーが一つしかついていなくて、もう片方は木ねじで止めてありました。
画像


きっと、電気工事の人がストッパーを紛失してしまい、代わりに木ねじで止めていたんだと勝手に想像しました。
ところが、理由は違っていて、このダウンライトを取り付ける位置に、太い梁(天井を支えるための横木)があって、この梁に穴を開けていたのが分かりました。天井板が厚すぎて、ストッパーの片方が使えなかったわけです。

ストッパーがどのように天井板に固定されるかを、写したものです。3段階で写してあります。
ストッパーが、少しずつ閉じるようすがわかると思います(取り付けるときは逆になります)。
画像

画像

画像


最後に、全部部品を分解した写真です。インターネットで検索しても、分かりやすい写真が見当たらなかったので、自分で分解して載せました。
画像


我家のキッチンにダウンライトは、電気工事の人が一生懸命に取り付けようとしてくれていたことが分かって、感謝しました。そして、ストッパーの代わりにつかっていた木ねじに、ワッシャー(丸い金属の輪)を追加して、しっかりと固定されるように直しました。原因が分かったので、直すことができてよかったです。神様に感謝です!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダウンライトの修理 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる