信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS インクのリフィル

<<   作成日時 : 2011/03/21 09:25   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

パソコンの印刷に、インクジェット・プリンターを使っていますが
交換用のインクが、黒インクでも1個¥2,395と高いので、
インクだけを補充する、インクのリフィルをつかってみました。
こちらは、エレコム製で1個が¥693、これで4回まで補充できます。

インク補充キットの中には、詳しい説明書とインクが2回分はいった
容器が2個、インク・カートリッジを固定するプラスチックの台、そして
余分なインクを吸い出す、注射器などが入っています。

画像


下にインクで汚れないように、キッチン・ペーパーを敷いて
その上で、作業しました。説明書どおりに新たしいインクの入った
容器をセットして、上についたオレンジのレバーを、少しづつ回して
インクを1回で約10cc補充します。手が汚れないように手袋も
ついていますが、使う必要がありませんでした。

画像

画像

画像


インク・カートリッジの重さを参考までに量ってみました。

インクがかすれて、空になった状態で29g、
インクを1回分補充すると29+10で39gになります。
新品のインク・カートリッジの重さは量っていないのですが
重さを量るとインクの残量がわかることが分かりました。

インクジェット・プリンターがどうやって、このインクを用紙に
印刷しているのか調べた所、サーマル(バブル)方式という
やり方で、インクを瞬間に300度まで熱して、その熱で爆発
蒸発させて、1mmくらい離れた用紙の表面に吹き付けている
ことが分かりました。1回の吹き付けるインクの量はピコリットル
の単位だというので、10ccのインクがあれば、1千万回くらい
吹き付けることができます。

今回のインクで、自分の翻訳した小冊子(A6サイズで40ページ)
を52冊印刷しました。補充したインクは3回分使いました。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インクのリフィル 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる