信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 平安がありますように

<<   作成日時 : 2011/05/23 16:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

我家のスコティッシュ・テリアのレーマと同じ犬種の
アリスちゃんが、13歳5ヶ月で天国へ旅立ったことを
知りました。
人間の年齢に換算すると、80歳くらいなので、長寿で
あったと思います。
ここをクリックして見てください

画像

自分がかわいがって飼っている猫や犬も、いつかは
飼い主の手元を離れて、遠く旅立っていきます。
自分たちも、いままでに多くの犬や猫との別れを
経験してきました。

病気になって、つらい思いをしながら最後を迎える
のは、本人も飼い主もとてもつらいものです。
そして、ペットロスとも言われている、愛していた
ものを失った時の悲しみもとてもつらいものです。

今、自分が翻訳を続けているスパークリング・
ジェムス(輝く宝石)という本に次のようなことが
書いてあります。

理解をはるかに超えた平安

「そうすれば、人間の理解をはるかに超えた、すばらしい
神様の平安を経験できます。キリスト・イエスに頼る時、
その平安は、あなたがたの心と思いとを静め、安らかに
してくれるのです。」
ピリピ人への手紙4:7

「平安」という言葉は、ギリシャ語のhuperechoという言葉です、
それはパウロがピリピ4:7の中で使ったものです。
このギリシャ語は、とてもすぐれていて、他のすべての形の
平安を超えて高く保たれる平安を表します。
これは、他のどんな種類の平安も超越した、しのぐ、上回る、
勝(まさ)る、それ以上に増えた、のり越えた、頂点を越えたものです。
そこに含まれている意味は、人々が他の所で探し出そうと
するけれども、神様の平安のような場所はどこにも無いということです。
神様の平安は、他のすべての平安を作り出そうとするこころみよりも、
完全にもっと輝いていて、それ自身で一つの区分となっています。
神様の平安と比較することのできるものは、
この世にはまったく何もありません。

この本は、聖書のことばを原書のギリシャ語で
解説しているものですが、ここで使われている
平安というギリシャ語に相当する日本語が無いので
平安と翻訳しています。

人は心配ごとや、悩み、悲しみ、不安、怒りなどを
いつも心に抱えて毎日を生活しています。
でも、本当の心の安らぎ、落ち着き、穏やかさは
手に入れることができます。

時間が経つと、つらい記憶も薄れていくと言いますが
それまでのつらい思いは耐えられません。
神様の平安を手に入れてください。
神様はいつでも、求める人のために待っていて
くださいます。アーメン

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
生き物には、必ず寿命がありますよね。
悲しいけれど、アリスちゃんは、とてもかわいがられて幸せだったようですね。
 思い残す事なく、旅立てる事ほど満足な生き方ではないでしょうか。
平安について私も考えさせられた事があります。本当の平安は、主にある心の平安によってのみしか与えられないと思いますが、神様を受け入れていない人たちもその恩恵にあずかっていると思います。
 今、刈り入れの時、この震災で被災地では、多くの人が平安を求めて教会に集っているそうです。救いのためにお祈りしましょう。
 
さよ
2011/05/24 00:07
さよさん、さっそくのコメントをありがとうございます。
日本語や英語には平安は、愛と同じように、1種類の言葉しかありませんが、ギリシャ語にはいくつもの言葉があったようです。その中でも、神様の平安は、ものすごく力強くて、自分の心や思い、感情に入ってこようとする悪いものをすべてシャットアウトできるそうです。ですから、自分の心の中に神様の平安を立ち上げれば、何も心配したり恐れたりしなくなるわけです。被災地の方々の救いを一緒に祈ります。
hiroerina
2011/05/24 10:06
こんにちわ。
パウロが使った平安、という言葉には本当に深い意味があるのですね…今回のヒロさんの記事からいろんなことを学ぶことができました。感謝です。翻訳の奉仕は尊いものを生み出しててますね。

ウチも2年前に愛犬が亡くなった時はずいぶん寂しい思いをしましたが天国で神様の見守りの中にある、と思うことで平安をいただきました、ハレルヤです。
シャロン
2011/05/26 18:30
シャロンさん、コメントをありがとうございます。
翻訳もやればやるほど、言葉の壁にぶつかり毎日苦労しています。読みやすい文章にすると、元の意味が失われてくるし、大変です。
我家では、犬や猫がいなくなると、寂しくてすぐにまた新しい子犬や子猫をもらってしまいます。それで、いつも数は変わりません!
新しく稲の苗が植えられた田んぼを見ると、日本は水に恵まれた国だというのを実感します。
hiroerina
2011/05/27 08:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
平安がありますように 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる