信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 神様の愛に生きる

<<   作成日時 : 2011/07/26 19:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

自分はクリスチャンなので、毎朝一番に祈るのですが、
最初に次のように祈ります。

「神様の愛によって、この地上で生かされている
ことを感謝します。」

神様の愛というのは、聖書の中のいろいろなところに
説明されていますが、第1コリント人への手紙の中の
13章に書かれているものが、よく知られています。

「愛はきわめて忍耐強く、親切です。愛は決して
ねたみません。また、決して自慢せず、高慢に
なりません。決して思い上がらず、自分の利益を
求めず、無礼なふるまいをしません。愛は自分の
やり方を押し通そうとはしません。また、いらいら
せず、腹を立てません。人に恨みをいだかず、
人から悪いことをされても、気にしません。決して
不正を喜ばず、真理が勝つ時は、いつでも喜び
ます。だれかを愛する人は、どんな犠牲をはらって
も、誠実であろうとするでしょう。また、いつもその
人を信じ、その人に最善を期待し、いのちがけで、
その人を守り抜くでしょう。」

自分が思う神様の愛というのは、天地創造の
神様が一番最初に「光よ。あれ」と言われて、
光を創られたのですが、この光が愛そのもの
であると思います。つまり、太陽です。

もし太陽が無ければ、人はもちろんほとんどの
生き物は生き続けることができません。では、
なぜ神様は最初に光を創られたのでしょうか?
それは、やがて創られる人類のために違いない
と思うのです。

人がこの地上で生きて、楽しく暮らせるように
神様は太陽を創られて、今も毎日変わらずに
輝き続けています。それは、神様が人類を
とても愛しているからに違いありません。

毎朝、目が覚めて、きょうも生きていることを
感じるときに、神様の愛に感謝しないでは
いられない思いになります。

画像


これは、聖地イスラエルにあるガリラヤ湖
の夜明けの写真です。美しい朝日です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ〜!

ガリラヤ湖の夜明け、綺麗ですね〜
イエス様の愛を実感できる輝きですね。

私も 太陽のようにどんなときも暖かく照らして下さる神様にいつも甘えています。
自分がクリスチャンで良かったなってよく思います、ハレルヤ♪
シャロン
2011/07/28 21:54
シャロンさん、いつもコメントをありがとうございます。
この太陽と地球が偶然にできたのだと信じている人々はかわいそうです。学校で教えることは、正しいとは限らないです。そして、人も偶然に猿から進化したと教えられてきました。でも、そんなに偶然が続くでしょうか。
人は、一人一人に神様が計画された役目を持って生まれてきました。その役目に生きているうちに気づくことが大切です。その役目を探し求める時に、イエス様と出会うことができます。ハレルヤ♪
hiroerina
2011/07/29 08:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
神様の愛に生きる 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる