信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS この世を離れる時

<<   作成日時 : 2011/08/01 18:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

自分の今年95歳になった父親が先週から
病院へ緊急入院しました。

昨日の日曜日に、毎月1回だけ横浜の教会
の礼拝に参加するために、長野から4時間
をかけて、車で行くので、その帰りに千葉県
の津田沼にある病院へ見舞いに行きました。

父は85歳くらいから認知症になり、妹が
自宅で介護していたのですが、妹の肉体的な
負担が限界に来ていたので、認知症の人が
入れるグループホームに3年前に入りました。

体は健康で、自分で歩くこともできて、会話も
できるので、グループホームでは介護の方に
面倒を見てもらいながら生活していました。
妹も、近くに住んでいたので時々父を散歩に
外へ連れて行ったりしていました。

自分も何度かグループホームへ訪ねて行き
ました。ただ、自分のことは誰だか分からない
ので、挨拶をしてはくれますが、親子という
感じではなくなっていました。

先月(7月)の20日位になって、急に食事を
戻したりして食べられなくなり、流動食にして
もむせてだめという状態になり、緊急入院
しました。

昨日、病室で見た父の姿は、やせ細ってとても
かわいそうな姿でした。手を握ると、にぎり返し
てきて、人が来ていることは分かってくれて
その手を自分の口のところへ持っていって
微笑んでくれました。目は白内症のために
ほとんど見えないし、声を出してしゃべることも
できない状態でしたが、点滴を足からしている
のと、鼻に酸素のチューブをつけるのを嫌って
自分で引っぱって外していました。

画像


この写真は、2006年11月に写したもので
左が自分で、右が父親です。カナダから
日本へ旅行で戻ってきた時に撮影したの
で、まだ妹の家にいた時のものです。

人がこの世を離れる時は、どんな姿で
離れたいと思うでしょうか?ほとんどの人は
健康で元気な姿のままで、この世を離れ
たいと思うのではないでしょうか?

天の主なる神様を信じていれば、ある日に
誰も気づかないうちに、本人さえ気づかない
うちに天国へ引き上げられることができる
のが、すばらしいことだと深く考えさせられ
ました。天の神様に感謝します。アーメン

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroerinaさん。こんばんは。
お父様、病院に緊急入院ですか?!
大変ですね。
もう、なくなりましたが、主人の母も大腿骨骨折で救急車で入院しました。母もアルツハイマーだったのです。
  今となっては、懐かしい思い出です。
hiroさんのところは、遠いので大変ですが、
体調にお気をつけ下さい。
さよ
2011/08/04 23:29
さよさん、コメントをありがとうございます。
父のことは、皆さんが祈ってくださっているので、神様の祝福があり感謝しています。
アルツハイマーの人でも、神様の奇蹟によって記憶がよみがえるという、1年ほど前のさよさんの言葉を信じています。アーメンです。
hiroerina
2011/08/06 07:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
この世を離れる時 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる