信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 他人への愛

<<   作成日時 : 2012/04/09 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は、イエスキリストさまの復活祭が
世界中のキリスト教会で行われて、おおぜいの
人たちが、イエスさまのことを受け入れた
のはうれしいことです。

自分たちは、我家でのホームチャーチと
昼食を、近くのレストランでのランチ
バイキングを食べることができてよかった
です。

イエスさまが、十字架にかかったのは
全人類の罪をあがなうためでした。
天の神様は、罪を犯している人をとても
嫌われます。ですから、罪人は神様の
もとへ行くことができません。

クリスチャンでない人は、自分は正しい
ことをしていて、悪いことはしていないから
罪などないと思います。自分の判断で
正しいか悪いかを決めていますが、神様の
目から見ると、明らかに違います。

聖書に書かれている罪は、次のような
ものが含まれています。もともと聖書は
ギリシャ語で書かれていて、ギリシャ語
には30万の言葉があったと言われていま
すから、日本語でその意味を翻訳する
のはとても難しいのですが、あえて翻訳
すると、「不品行、汚れ、好色、偶像
礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ(しっと
のようなものです)、憤(いきどお)り、
党派心、分裂、分派、ねたみ、酩酊、
遊興」などです。

誰でも、こうした罪を日常生活の中で
犯してしまっていると思います。
「あなたの隣人をあなた自身のように
愛せよ。」と聖書に言われています。

自分のことや、自分の家族、友人、
親しい人を愛するのは、どんな悪人
でもします。大切なのは、知らない
他人を愛しなさいと言われていること
です。

知らない人が困っていたり、危ない
ことや、盗みをしているのを見たら
知らないふりをして、立ち去るのは
愛が無いからです。愛のある人は
手助けしたり、しかったりして助け
ます。

昔、自分が初めて海外に出張した
時に、ホテルの部屋で入口のドアを
開いたままスーツケースなどを整理
していたら、隣の部屋のおばさんが
「危ないからドアを閉めなさい!」と
注意してくれました。言われた時に
は、なぜなのか分かりませんでしたが
ホテルの中でも、犯罪は多発して
いて、それを事前に教えてくれた
のです。

こうした忠告ができるか、できないか
で、その人の命を救うことにもなる
のを、とても感謝しています。
他人への愛を働かせてください。

写真は、我家のスコッチのレーマが
玄関の前で春の陽を浴びている
ところです。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとに心の中には言葉に出さないとしても
いろんな思いや感情が渦巻いています。
それらは自然と頭の中にわいてくるので
なくしてしまうことはできそうにないですよね…
又良いことを声に出すことも中々できないことです。
こんな風に少し考えてみることができてよかったです。
セロリママ
2012/04/11 06:54
セロリママさん、コメントをありがとうございます。
聖書の中に、心に思っていることが口に出てくると書かれています。悪い考えや、人のことを怒ったりしている思いは、気づかない間に口から出てしまうということです。
他人を愛そうとか、助けてあげたいという思いがなければ、口からも出てこないわけです。
シオンは、神様の力で元気を取り戻してきています。ハレルヤです。
hiroerina
2012/04/11 08:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
他人への愛 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる