信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 人の呼吸の量はどれ位?

<<   作成日時 : 2012/04/12 15:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

我家の白猫のシオンが、とても苦しそうに
呼吸をしていた時に、ふと浮かんだのが
人は呼吸する時に、どれ位の空気を
必要とするのかという疑問でした。

さっそくインターネットで調べたところ
次のようなことが分かりました。

人は1回の呼吸で、0.5リットルの空気
が必要です。1分間に普通は20回ほど
呼吸する(3秒に1回として)ので、
1分間に10リットルの空気が必要です。

1時間では、その60倍の600リットル、
そして1日では14,400リットルもの
新鮮な空気が必要だと分かりました。
重さにすると20kgもの空気の量に
なります。
およそ3帖の部屋の大きさの空気を
一人の人が1日に消費することに
なります。

空気の中には、酸素と窒素などが
含まれていて、人が生きていくために
必要な酸素は、空気中に21パーセント
含まれています。それが18パーセント
に減ると酸欠状態で呼吸が苦しく
なります。

一人の人が1日に必要とする酸素
は500リットルと言われています。
上に揚げた1日14,400リットルの
空気の内に、酸素は20パーセント
として、およそ2880リットル含まれて
いますから、人が呼吸した時には
空気中から酸素を6分の1だけ肺で
吸収できて、残りは吐き出している
ことになります。

この酸素は、植物が作り出している
ことは子供のころに教わりましたが、
1本の木がどれ位の酸素を作り
出してくれるのでしょうか?

これもインターネットで調べたら
木や植物の葉は、成長している
時に、自分で二酸化炭素を吸収して
同じ量の酸素を出しているとある
ので、1年間に一人の人が出す
二酸化炭素の量は97kgと言われて
いるので、それと同じくらいの森林
が必要です。

およそ200平方メートルの森林が
光合成で1年間に作り出す酸素と
炭素の量は、100kgくらいなので
一人の人が生きていくには、木が
大切なことが分かります。
そして、人や他の生物の呼吸に
比べて、車のエンジンなどで
使われる酸素は、その100倍も
多いのです!

地球上の酸素が減って、二酸化
炭素が増え続ければ、近い将来
生物は死に絶えるでしょう。
核戦争よりも確実に、絶滅します。

下記のところに、光合成の詳しい
説明が載っています。
ここをクリックしてみてください

写真は、我家のバセットハウンドの
エリナが裏庭で、日光浴している
ところです。
画像


そして、猫のビックとジュンも
日なたに出ています。ようやく
昼間は暖かくなってきました。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
知らない事ばかりで勉強になりました。なかなか、面白い記事でした。自然は、うまく出来ているのですね。
 一年間に一人の人が出す二酸化炭素の量と200平方メートルの森林が光合成で一年間に作り出す量が、ほぼ同じくらいなのですね。どんどん木の伐採が進んでしまったら、本当に大変な事になりますね。
さよ
2012/04/16 00:34
さよさん、いつもコメントをありがとうございます。
日本は世界でも有数の森林の多い国なので、森林の面積が国土の2分の3あります。ですから、人だけが暮らすとしたら、12億人も暮らせます。車が無ければ、まだまだ日本は暮らしやすい国です。木を大切にしたいです。
hiroerina
2012/04/16 06:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
人の呼吸の量はどれ位? 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる