信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 函館への旅行 その1

<<   作成日時 : 2012/05/27 16:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

40年ぶりに、自分の生まれ故郷の
北海道函館に、妹と一緒に行って
きました。あまりにも長い年月が過ぎ
去っていて、もう祖父母もいませんが
故郷の町は、まだ残っていました。

2泊3日の日程で、長野新幹線と
東北新幹線を乗り継いで、新青森
まで、我家から6時間かかりました。
そこから、特急の白鳥号で初めての
青函トンネルを通りました。
画像


列車の座席に貼り付けてある
海底トンネルの説明図です。
一番深い所で、海面から240mで
長さは53kmです。特急は時速130km
で走るので、30分かからずに通過
しますが、暗いトンネルです。
そして2015年には新幹線がこの
海底トンネルを通ることが分かり
ました。

函館駅は新しくなっていて、新青森
から2時間半ほどで到着しました。
駅前のホテルでチェックインして
窓から眺めた、港の方の景色です。
画像


5時過ぎだったので、市電に乗って
実家の近くまで行ってみました。
函館山への坂道にある創業150年
のお菓子屋へ寄りましたが、すでに
店が閉じていました。
画像


この道の正面に函館山があります。
護国神社の鳥居が正面に見えます。
函館は、風の強い土地で、昔から
大火が多く実家も焼けたことがあります。
画像


市電の停留所ですが、この宝来町
という所で、自分が生まれました。
今は、その家を探しても、もうどこなの
か分かりませんでした。
画像


函館の駅前までもどって、ラーメンを
食べて本日は終わりました。
次の日は、親戚の人に案内してもら
って、先祖の墓参りをしました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしい故郷の旅。
函館は、私も学生の時旅行で数時間立ち寄った事があります。夏でも寒くて、風が強い日でした。
私の故郷では、先祖のお墓をどうするのか、問題です。
さよ
2012/06/02 15:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
函館への旅行 その1 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる