信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しいのこぎり

<<   作成日時 : 2012/07/04 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

木を使って工作するのに40年前に
小さなのこぎりを買いました。
それをずっと使い続けてきたのですが、
切れ味が悪くなってきていました。

のこぎりの刃は、研ぐことができるの
ですが、小さな刃なのでちょっと無理
のようでした。それで、新しいのこぎり
をホームセンターで千円ほどで売って
いたので買い換えました。

画像

画像


刃を交換できるようにできていて
切れなくなったら、簡単に交換
できるものです。

それで、さっそく踏み台を作って
みました。新しいのこぎりは、もの
すごく切れ味がよくて、まるで豆腐を
切っているような感じです。
力をぜんぜん入れなくても、引くだけ
で切れてしまいます。
切れないのこぎりで、汗をかきながら
切っていてのがうそのようです。
画像


我家のレーマも、毛が伸びてきて
います。そろそろトリミングにつれて
行く時期のようです!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
替え刃式の鋸、今はそれしか有りません。
父ももうだいぶ前に替え刃の鋸にすべて変えました。
昔は切ると曲がったりしたんですけど今のはそんなことぜんぜん無くて最高です。

昔は鋸と言えば諏訪、茅野市あたりなんですけど、今ではどうなっているんでしょうか?
父の近くでは鋸の目立てをやってくれる所が無くなってしまいました。有っても高くて頼めませんよ、下手だし。
ナギとコナツの父
2012/07/06 19:54
ナギとコナツのお父さん、いつもコメントをありがとうございます。諏訪や茅野市に鋸を作っているところがあったのですね!さっそく今どうなっているのか調べてみます。鋸の目立てのやすりは、今でも売っているので、自分で目立てできそうです。
hiroerina
2012/07/06 20:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
新しいのこぎり 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる