信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 神様の計画

<<   作成日時 : 2013/12/26 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

知っている人の飼っていた犬が次々にあの世へ
行ってしまいました。masaさんのバセットのLB君、
セディブママさんのところのセントバーナードの
ランチャちゃん、そして我家の近所の18歳になる
白い秋田犬が7月中旬に虹の橋の所へ行きました。

LB君のことと、ランチャちゃんのことは毎日病気
がいやされるように神様に祈っていたのですが
助けることができませんでした。

我家の白猫のシオンが病気になったときも
ワイフと2人で一生懸命に祈ったのですが、
病気がいやされずに戻ってこなくなりました。

家族と同様にかわいがっている、犬や猫の
子供たちが、生まれてから誰の家で飼われる
のかも、その子供たちが生まれるずっと以前に
神様が計画されていることが分かります。

我家にやってきた白猫は、まだ自分が
小学校に上がる前に飼っていたのと同じ
真っ白な猫を選んで、神様は与えてください
ました。神様は、その当時の白猫をまた
自分に戻してくれたわけです。

そして2歳のときに、動物愛護センターから
我家にやってきたのですが、4歳になって
病気になり、その時に神様は「もうわたしの
もとへ戻そう。」と言われたので、もう少し
待ってくださるように頼みました。けれども
神様の計画は、この白猫は4歳まで地上
にいるように計画されていました。

ですから、動物も人間も、すべて天の神様
の計画に従って生きているわけです。
そして、毎日食料となるために失われる
動物たちのたいせつな命も神様の創られた
ものです。そのことに感謝するのは、とても
大切なことです。

写真は、我家にやってきた白猫です。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神様の計画 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる