信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 踏切の事故で思うこと

<<   作成日時 : 2014/01/13 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

認知症の方が、外出して踏切で列車に
はねられて亡くなられる事故が、年間に
かなりいるというニュースを読みました。

無人の踏切であっても、列車の通過を
待っている他の歩行者がいたのだと
思いますが、そうした人たちが助ける
ことをしなかったのがくやまれます。

もちろん、自分のいのちをかけてまで
他人のいのちを救うという行為は、
とても勇気がいります。とっさの判断
も必要です。ホームから人が転落して
その人を助けようとして、一緒に犠牲
になる場合もあります。

人身事故が起きると、ようやく関連会社
や企業が対策を考えますが、失われた
いのちは戻ってはきません。人のいのち
は、どんなにお金を積んでも戻っては
きません。それでも、一番弱い人たち
のことを、もっと考えて欲しいものです。

写真は先週に写した我家の写真です。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
踏切の事故で思うこと 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる