信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 目の手術を受けました

<<   作成日時 : 2014/03/25 09:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

長野市内にある日赤病院で左目の手術を
受けました。黄斑円孔という症状で、以前に
載せた加齢黄斑変性とは別の症状でした。

黄斑というのは、目の中心部分で物を見る
時に一番よく使う部分です。
画像


黄斑の部分は網膜が薄くて、はがれて
穴が開いてしまうのが、黄斑円孔です。

手術は、先に白内障を防ぐために
水晶体を削って、代わりにレンズを入れる
手術をしました。部分麻酔をかけるため
大きな注射針を目に刺すのですが、
担当の医師が「私のひたいを良く見て
いてください。」と言われて、目に針が
近づいてくるのは、怖かったです。

それが終ってすぐに、目の中に照明用の
針や、硝子体を取り出すためのチューブ、
ピンセット、ガスを注入するための針などを
刺して、目の中の手術が始まりました。

手術時間は全部で1時間ほどで終わり
すぐに次の患者さんの手術が始まって
いました。病室に戻ってから、うつ伏せ
で寝るための、小さなドーナッツ状の
枕と、胸に当てるクッションを渡されて
そこに、うつ伏せで1週間過ごすことに
なりました。

昼間は、頭を下に向けて床のほうを
見ていればいいのですが、寝る時の
うつ伏せは、息苦しいのと背中が痛く
なって、十分に睡眠を取れませんでした。

最初は、手術した左目はぼんやりして
何も見えなかったのですが、だんだん
ガスが抜けて、代わりに水が溜まって
くると、周囲が少しずつ見えるように
なってきて、ちょうど顔を水の中に
入れているような、ぼんやりした像が
見えてきました。

他の患者さんは、網膜剥離や緑内障
の手術を受けていましたが、網膜剥離
の手術では、手術後同じようにうつ伏せ
で2週間過ごす必要があるようです。

1週間して退院しましたが、まだ視界は
上の半分しか見えず、その下には大きな
水面が広がっている、不思議な光景が
見えています。毎日少しずつこの水面が
小さくなってきていますが、歩くとこの
水面が揺れるのと、心臓の鼓動と同じ
ように、上下に揺れています。

黄斑円孔の詳しい説明は
ここをクリックして見てください

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大変でしたね‥びっくりです。
お大事にしてくださいね。
大阪は昨日あたりから桜の開花が始まり
少しホッとしてきました。
そちらももうすぐ開花ですよ♪
セロリママ
2014/03/28 16:35
セロリママさん、コメントをありがとうございます。せっかくのコメントの文字が見えづらいので、背景を変更しました。目のほうは、だいぶ回復してきています。白内障の手術で、新しいレンズを目の中に入れたので、遠くの景色がはっきりと見えるのですが、近くはほどんど焦点が合いません。メガネをかけながら、字を読んでいます。まだまだ人間の作ったレンズは、本物にかないません!
hiroerina
2014/03/29 16:15
hiroさん、目の手術だったんですね!
大変ですね!今は、もう快方に向かっているんですか?どうぞお大事になさって下さい。
さよ
2014/04/10 23:26
さよさん、コメントの返事が遅れて申し訳ありません。
目の手術から、もうすぐ1ヶ月が経ちます。感染症もなく無事に過ごしています。ただ、同時に行なった白内障の手術で、遠くのものは良く見えるのですが、近くに焦点が合わなくなって、めがねをかけてパソコンや本を読むようになっています。どうもありがとうございます。
hiroerina
2014/04/13 08:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
目の手術を受けました 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる