信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS ガスオーブン(MAGIC CHEF)の修理

<<   作成日時 : 2014/07/17 18:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

我家のアメリカ製のガスオーブンが
今年の1月に壊れて、点火しなくなり
ました。それで、修理の依頼をしたら
長野市にあるヤナセを紹介されました。
そして、2ヶ月待っても何の連絡もない
ので、3月末に電話してみたら、まだ
部品が入らないとのことでした。

画像


それから、半年が過ぎて、それでも
何の連絡も入りません。誰かアメリカ
の友人に頼めたら、と思っていたら
近所に住んでいる方の妹さんが
カリフォルニアに住んでいるとの
ことで、さっそく部品を取り寄せて
もらいました。

これがその部品です。ガスを開く
ためのバルブで、AC3Vで動作します。

画像


さっそく、オーブンを分解して、
このバルブを交換しました。
猫のベテルが、オーブンの中を
のぞきこんでいます。
矢印の部分についている部品です。

画像


画像


画像


画像


ここで、問題が起きました。というのは
送られてきたバルブが、都市ガス用の
ものでした。それで、今までのLPガスの
ノズル(ガスの出る穴)よりも穴が大きいと
分かりました。ところが、このノズルが
簡単には外れません。万力で本体を
挟んで固定して、ようやく外して交換する
ことができました。

画像


画像


そして、元通りに組み付けてテスト
したところ、うまくオーブンにガスが
点火するようになりました。

取り外した、古いバルブは、しっかりと
金属のケースでシールされていて、どこが
壊れているのか、外からでは分かり
ませんが、いつか分解して確かめたい
と思っています。
これで、またパンを焼くことができます。
どうもありがとうございました!!!

もし、同じオーブンを使われている
方が見られていましたら、アメリカの
サイトに、この部品の交換方法のビデオ
がありますので、参考にしてください。
ここをクリックすると見られます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
家にあるアメリカ製のガスオーブンがつかなくなり、修理方法を検索していたら同じような経験をしている方が!!しかも私も信州の山奥に住んでいて二度びっくりです(笑)ウチのオーブンはKenmore製ですが、やはりバルブに問題があるようです。自分で取り替えようと思うのですが、バルブの品番は一致していなければいけないのでしょうか?いろいろ見ているのですが型が古くてもう出回ってなさそうで…。似たようなものではダメなものでしょうかね。。。
izuna
2015/03/07 21:48
この記事にコメントが書かれているのを、1年も経ってから気づきました。どうも申し訳ありません。このバルブの後日談ですが、バルブは問題がなくて、点火するためのイグナイタに問題があることが分かりました。それで、現在イグナイタを取り寄せているところです。到着したらさっそくブログに載せますので、参考にしてください。
hiroerina
2016/01/15 16:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガスオーブン(MAGIC CHEF)の修理 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる