信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS 病気や事故から救われる人と救われない人

<<   作成日時 : 2014/09/29 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現在「サタンのわな」という本を翻訳して
いて、次のようなことが浮かんできました。
それは、病気や災害、事故などにあって
救われる人と救われない人の違いは何
なのかということです。

クリスチャンであっても、皆が病気や事故
から救われるわけではありません。
自分の場合にも、怪我をしたり、病気に
なります。天の神様は、どうして救って
くれないのでしょうか?

世間で評判のいい人や、奉仕活動に
熱心な人であっても、その心のうちが
神様から遠く離れてしまっている人には
神様は顔をそむけられます。つまり、
救われずにこの世を去るということです。

神様は、その人の心がすなおで、
言われたことを聞くのか、それとも
あくまで自分の思いにとらわれている
のかをいつも見られています。

天の神様は、人類すべてを愛されていて
心のうちに話しかけられます。その声を
すなおに聞くのか、それとも自分の
思いで判断してしまうかということです。
声が聞こえるといっても、誰か他の
人を通して話されることが多いのです。

友人や親を通して話されることもあり
ますし、まったく知らない人が話しかけ
てくることもあります。その言葉が本当に
神様からのものなのか、その本人の
考えなのかは、正しく判断する必要が
あります。

写真は、我家の2歳になったメス猫の
べテルです。自分にはとてもなついて
いて、ひざの上に乗ったり、夜明けに
なると、布団の中に入ってきます。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
病気や事故から救われる人と救われない人 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる