信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS アルトサックスとテナーサックス

<<   作成日時 : 2015/02/19 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今まで、アルトサックスを練習してきましたが
テナーサックスの低音でかすれたような音が
たまらなくて、テナーサックスの曲の練習を
始めています。

写真の、左側がアルトサックスで右側がテナー
サックスですが、これはサックス教室の先生
から1週間だけ練習用に借りてきたものです。

画像


写真のアルトサックスは、真鍮製です、
重さが2.4kgあります。そして、テナーサックス
は一回り大きくて3.4kgあります。首から
ストラップで吊り下げて演奏するわけですが
慣れないとかなり重く感じます。

演奏するときの指使いは、どちらも同じなので
すぐに覚えることができますが、指で抑える
キーの位置が、テナーサックスでは長さが
長い分、離れていてちょっとまごつきます。

サックスの音が出てくるラッパのように開いて
いる部分をベルと呼びますが、アルトサックス
では、ベルに手のひらが入りませんでしたが
テナーサックスでは、手首まで入る大きさに
なっています。

テナーサックスで演奏している曲で、ダニー
ボーイという、とても哀愁にあふれた曲が
あります。演奏しているのは、シル・オースティン
という人です。



この曲の歌詞を解説した動画もありますので
ここをクリックして見ていただけるとうれしいです。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルトサックスとテナーサックス 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる