信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS ファーブル昆虫記

<<   作成日時 : 2015/07/09 18:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

近所の図書館から集英社が発行している
ファーブル昆虫記の第1巻上を借りてきました。
この本は、ファーブルが55歳の時に書き始めて
それから30年間にわたって10巻を書いています。
91歳まで生きた人です。

画像


最初にスカラベ・サクレについて書かれています。
この虫は、日本にもその仲間がいます。糞ころがし
と呼ばれています。
我家の裏庭で、犬がウンチをしますが、そこに
集まってい来る虫の中に、2cmくらいの大きさの
甲虫がいるのを見つけました。

1冊が350ページくらいある厚い本なので、
これを20冊読むのは大変ですが、読んでみると
ファーブルという人が普通の人ではないことが
分かってきます。昆虫の生態を調べるために
普通の人ならあきらめてしまうような、努力を
重ねています。

こんなに粘り強い性格であれば、どんな仕事を
しても最後には成功するように思います。
何があっても、決してあきらめずにやり通す
その精神力に驚かされます。

この本を読むことぐらい、何ともないと感じさせ
その内容に引き込まれていきます。
面白くて、ためになる本だと思います。

一番大切なのは、受験勉強のようにただ内容を
憶えることではなくて、なぜなのだろう、どうして
なのかという疑問を持つことです。そして自分で
その疑問を解決しようとすることに、人間の存在
価値があるように思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファーブル昆虫記 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる