信州の山奥で猫と犬と暮らす

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンピックをやっている場合ではない

<<   作成日時 : 2015/09/29 10:58   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の台風による各地の洪水の被害は
とても大きなものです。収穫前の水田の
稲がだめになって、農家の人々は生活を
していくのが大変です。

こんな時に国の予算を使ってオリンピック
施設を建設している場合ではありません。
マイナンバーの実施も延期すべきです。
来年予定している消費税の増税も延期
するべきです。

こうした計画を立てるのは、自分では働く
ことのない税金生活者の考えることです。
この国を破滅に導くような人々を選挙で
選んでしまったのが悪いのですが、すぐに
やってくる終末に向かって、悪さを続けている
人は気づく必要があります。

自分さえよければいいという自己中心の
考えが、今ほど広がっている時代はなかった
ように思います。他人のことを考えないのは
競争社会の特徴です。

そして、プライドというものがますます自分
中心の考えを広げていきます。自分は他人
よりも優れている、相手に負けてはいられない
といつも考えています。政治家、学者、医者
芸能人、知識人が持っている考えです。

プライドが傷つけられると簡単に怒ります。
それは、自分の弱さを指摘されるからです。
弱さをカバーするために、プライドを持ちます。
指導者になる人は、プライドを持ってはだめ
です。プライドを捨てて自分の立場を低くする
必要があります。そうすれば、みんながついて
くるのです。

現在のこの国の政治家は、みんな大きな
財産を持っていて生活に苦労した経験が
ありません。そんな人が国の指導者になって
いるから、弱い立場の人々の気持ちを理解
することができません。

昔の武将のほうが、よっぽどましでした。
貧しい生活をしていて、自分の力で学んで
やがてトップに立つ人物へと成長したのです。
それと比べて、金持ちのお坊ちゃん育ちの
人たちは、人の苦労や痛みを知らずに育ち
ます。本当の愛がどんなものなのかも知り
ません。

この結果、ちょっとしたことでつまづくと
今までの自信を失って簡単に自殺したり
します。自殺する人は、決して天国へは
行けません。行き着く先は地獄です。

51年前に日本で行われたオリンピックの
ことがウイキペディアに載っていますので
参考までに掲載します。

1940年大会の開催権を返上した日本及びアジア地域で初めて開催されたオリンピックで、また有色人種国家における史上初のオリンピックでもある。歴史的には、第二次世界大戦で敗戦し急速な復活を遂げた日本が、再び国際社会の中心に復帰するシンボル的な意味を持った。

また、1940年代から1960年代にかけてヨーロッパ諸国やアメリカによる植民地支配を破り、次々と独立を成し遂げたアジアやアフリカ諸国による初出場が相次ぎ、過去最高の出場国数となった。

開会式は10月10日、閉会式は10月24日に行なわれた。開会宣言は昭和天皇、組織委員会会長は安川第五郎、準備委員長は新田純興であった。開会式の10月10日は、1966年(昭和41年)以降体育の日として親しまれるようになった。

画像


今回は別の国に任せたほうがいいと
おもいます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリンピックをやっている場合ではない 信州の山奥で猫と犬と暮らす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる